デリケートゾーンが黒ずむ原因とは?

105

ニオイやかゆみの他に黒ずみも気になる!

デリケートゾーンは普段なかなか人に見せる場所ではありませんが、いざという時にニオイや痒みが気になる場所でもあります。そして、見た目もやはり重要なところ。人と比較して見ることはできませんが、それでも黒ずんでいるよりは、きれいな方がイメージはいいですよね。試しに自分で確認してみて、意外に黒ずんでいてショックを受けたという経験がある人もいるのではないでしょうか?そもそも、デリケートゾーンは一日の大半は下着の中に隠れている部分なのに、なぜ黒くなってしまうのか、それには理由があるのです。

黒ずみの原因はこれだ!

強い日差しを浴びた時、日焼けやシミができないか気になりますね。これらの原因となるものは「メラニン色素」と呼ばれるものです。日焼けやシミは紫外線を浴びた刺激によって、肌の奥に存在するメラノサイトと呼ばれる細胞でメラニン色素が作られ、それが皮膚に沈着することによって起こります。日中、外にいたら紫外線を浴びますが、それは肌が露出しているところの話。デリケートゾーンなんて、下着を履いているし、普通にしていればそんなところに直接太陽の光を浴びせる事なんかないのでは?と思われるでしょう。ところが、メラニン色素が活発化する原因は紫外線だけに留まりません。メラニン色素は元々紫外線から肌を守るためのものです。メラニン色素によって肌をガードすることで、紫外線による細胞の破壊から体を守る役割を持っています。しかし、紫外線以外の刺激によっても活発化してしまうため、その結果肌の黒ずみができてしまいます。デリケートゾーンや乳首など、肌が薄いところは特にメラニン色素が作られやすく、下着が擦れるだけで色素沈着の原因となってしまうのです。また、妊娠中や出産後も女性ホルモンの影響で色が黒くなりやすくなるため注意が必要です。妊娠中に乳首の色が濃くなったという体験をされた方もいるかと思いますが、それと同様にワキの下やデリケートゾーンでも色素沈着が起こり、肌の黒ずみに繋がります。これは、妊娠中に増加した女性ホルモンが、メラニンを作っているメラノサイトと呼ばれる細胞を刺激し、妊娠前よりもメラニン色素が増えるためです。また、妊娠や出産に伴ってホルモンバランスが崩れることにより、肌荒れや色素沈着が起こりやすくなることがあります。特に、出産後は「美肌ホルモン」とも呼ばれ、肌のハリやツヤを保ってくれるエストロゲンという女性ホルモンが減少するため、肌の状態が悪化しやすく、ダメージを受けやすくなってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみを抑えるための対策は?

下着は体に合うものを身に付けるようにしましょう。きつい下着は強く当たる部分に色素が沈着しやすくなります。また、素材には通気性のよい綿や絹のものを選ぶと不快な蒸れを解消するだけでなく、肌への刺激を抑えることができます。その他、デリケートゾーン専用の美白クリームを利用したり、美容皮膚科で専用の薬を処方してもらうといった方法があります。いずれにしても、結果はすぐに出るものではないため、デリケートゾーンのケアは根気強く続けていく事が大切です。

口コミから探すデリケートゾーンの黒ずみ解消法

104

みんな気になるデリケートゾーンの話

デリケートゾーンの黒ずみは、なかなか人に相談できない悩みの1つです。少し調べてみても、デリケートゾーン用の商品も多数見かけますが、気になるのはその効果です。下調べ無しに購入するのはちょっと気が引けるという人は、実際に商品を使用した人がその使い心地や効果を投稿した口コミを参考にしてみましょう。もちろん、個人の感想のため使用する人によって商品が合う・合わないはあります。しかし口コミには使用して良かった面だけでなく、イマイチだった面も書かれているので、見る際には両方の意見を総合的に判断することができます。そこで、利用者の率直な感想を集めた「口コミ」によって評価の高い商品について紹介します。

デリケートゾーン専用せっけんの口コミ

毎日のデリケートゾーンのケアは、まず洗浄から。特に分泌物が付着したり蒸れやすい箇所だけに、雑菌が繁殖すると黒ずみだけでなくニオイや痒みの原因にも繋がります。

ジャムウ・ハーバルソープ
デリケートゾーンは肌が薄く弱いだけでなく、とっても大切な部分。しっかりと清潔を保ちたいですが、毎日洗うボディーソープやせっけんの安全性まで気にしたことがありますか?ジャムウ・ハーバルソープは防腐剤や安定剤を使わず、ハーブなどの天然素材を使って作られたせっけんです。

主な口コミ
「植物由来成分なので肌が弱くても安心して使える」
「使い続けて2週間くらいしたら黒ずみやニオイが気にならなくなった」
「デリケートゾーンの黒ずみを改善したくて購入。1年ほど使用しているが、だいぶ良くなった」
泡立ちが良くない、せっけんが思ったより小さいといった声も見られますが、水分をしっかり切って固めの泡を作ると良いといったアドバイスもありました。毎日欠かさずお手入れする場所だけに、黒ずみ以外も気になる人や、丁寧なケアを続けたいという人にお勧めです。

デリケートゾーンのクリームの口コミ

デリケートゾーンの黒ずみの原因はメラニン色素です。メラニン色素は本来は紫外線から体を守るためのものですが、紫外線以外でも刺激を与えると体を守るために皮膚の表面に沈着してしまいます。デリケートゾーンは特に皮膚が薄く弱いだけでなく、常に下着による摩擦でメラニン色素がつきやすい場所です。そのため、毎日お顔に化粧品や乳液などを塗って保湿をするのと同じように、デリケートゾーンもしっかりと保湿をしてあげることが大切です。

イビサクリーム
デリケートゾーンの黒ずみを抑える商品には、肌の調子を整えたりメラニン色素を抑える成分の配合されたものなどがあります。イビサクリームは様々な原因でダメージを負い、傷ついたことで黒ずんでしまった皮膚に潤いを与え、肌の調子を整えてくれるクリームです。イビサクリームには、黒ずみの原因であるメラニン色素の生成を抑える効果のあるトラネキサム酸に加え、肌荒れを防止し、肌の調子を整え質を良くするグリチルリチン酸2Kが含まれています。

主な口コミ
「VIO脱毛後に気になっていた黒ずみに利用。保湿力があるので続けてみたい」
「定期購入を利用して割安で購入。1本目が終わるところだが少し薄くなってきた」
「黒ずみに効くには少し時間がかかりそう」

黒ずみの改善には個人差がありますが、時間がかかるという意見が多く見られました。2本目くらいから効果が見られるといった口コミもあるため、毎日継続して使うことが重要なようです。大切な部分ですから、ケアは怠らないように続けていきたいですね。

デリケートゾーンの黒ずみを予防・改善する方法

103

気になるデリケートゾーンの黒ずみ、どうしたら改善できる?

水着を着る夏のシーズンや、彼氏とのお泊りなど、様々な場面でふと気になってしまうのがデリケートゾーンのこと。ニオイや痒みの他に、デリケートゾーンの黒ずみについてはなかなか他人と比べることもできず、相談もしにくいことから悩んでいるという人も多いのではないでしょうか?デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素が皮膚に沈着することで起こります。本来メラニン色素は紫外線から肌を守るための物質ですが、皮膚が薄く弱い乳首やデリケートゾーンといった箇所は色素が着きやすいため注意が必要です。気になる部分の黒ずみを予防し、改善する方法を紹介します。

色素の沈着を防ぐための予防法

デリケートゾーンにメラニン色素が沈着する原因の1つに、衣服や下着の布による刺激が挙げられます。小さい下着や締め付けがきつい衣服を着用していると布が皮膚に擦れる負荷が大きくなるため、それが刺激となりメラニン色素を作り出す働きが活発になります。また、デリケートゾーンのムレも雑菌の繁殖など不衛生な状態に繋がり、黒ずみだけでなく痒みやニオイ、酷くなると炎症まで起こしてしまうことがあります。なかなか換気が難しい箇所ですが、生理の期間中はこまめにナプキンを交換し、下着の素材も通気性の良い綿や絹のものを着用すると改善できるでしょう。また、ホルモンバランスの乱れも色素沈着に繋がります。ストレスや不規則な生活、バランスの悪い食事なども肌の再生(ターンオーバー)を遅らせ、色素が沈着しやすくなってしまうため、気になる人は日常生活の見直しも視野に入れましょう。

デリケートゾーンは清潔に保つことが重要!

皮膚が薄く弱いデリケートゾーンは、刺激を受けると黒ずみやすくなります。また、分泌物によって雑菌が繁殖しやすく、換気も頻繁に行えない場所のため、清潔に保つことが重要です。そのため、洗う時には細心の注意を払ってあげましょう。お風呂でデリケートゾーンを洗う際、せっけんやボディーソープをつけたスポンジやタオルでゴシゴシするのは汚れがきちんと落ちない部分があるばかりか、強く擦ることで余計に色素沈着を促してしまう恐れがあります。また、気になる部分なのでつい入念に洗いすぎてしまうことも、肌を元々守ってくれている常在菌まで殺してしまうため、雑菌が繁殖し、かぶれやニオイを引き起こしてしまいます。肌を清潔に、健やかに保つことで黒ずみの予防にもなるため、正しい洗い方を覚えましょう。使うせっけんには私たちの肌と同じ「弱酸性」のものを選びます。最近ではボディーソープやせっけんに弱酸性をうたったものが多く出回っていますが、注意すべき点は、安価なものには泡立ちを良くするための素材である界面活性剤が含まれている点です。界面活性剤は肌への負担が大きいため避けて、天然由来の成分のものを選びましょう。デリケートゾーン専用のせっけんもあるのでそちらを利用しても良いでしょう。泡立てネットなどでしっかりとせっけんを泡立て、デリケートゾーンを指で強く擦り過ぎないようにやさしく撫でます。泡に汚れを吸着させることが目的ですので、泡を押し潰さない程度にするのがポイントです。細かなシワや凹凸のある部分のため、注意深く泡を置いたらぬるま湯で流せば完了です。毎日継続していくことが黒ずみの改善に繋がるので根気強く試してみましょう。

デリケートゾーンの黒ずみに、ランキングで気になるのはこれ!

102

意外に気になるデリケートゾーンの黒ずみ

一度着いてしまったデリケートゾーンの黒ずみはできるだけ早く解消したいですね。そこで、市販のデリケートゾーンの黒ずみケア商品を使うという方法があります。専門のクリニックに通うのは恥ずかしい、こっそりバレないようにケアしたいという人にはお勧めです。

黒ずみ対策商品を選ぶポイントは?

数ある商品の中でも、注目する点がいくつかあります。まずは、商品の安全性です。デリケートゾーンに使う以上、安全性は気になるところですね。黒ずみ対策用の商品の中でも、必ず守っていただきたいのが「デリケートゾーン用」の商品であることです。中には美白クリームなら何を使ってもいいじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、デリケートゾーンは皮膚が薄く、また常に下着による摩擦やムレなど他の体の部分よりも刺激を受けやすい部分です。そのため、デリケートゾーンにも使用できる刺激の少ないクリームを使いましょう。現在市販されているクリームの中には、美白成分にビタミンC、トラネキサム酸、ハイドロキノンといったものがあります。よく見かけるのはビタミンCですが、ビタミンCには黒ずみの予防効果はありますが、効果としては弱いと言われます。ハイドロキノンは美白効果は強いものの、人によっては炎症や赤みを引き起こすためデリケートゾーンへの使用は刺激が強いです。一方で、トラネキサム酸は美白効果があるだけでなく、炎症を抑える作用があり、比較的副作用も少ないとされるため、トラネキサム酸を含んでいる商品をお勧めします。また、黒ずみはある程度の期間継続して使用しないことには効果が見られないため、金銭的な負担も考えた上で、続けやすい商品を選ぶこともポイントです。

数ある商品の中からランキング上位のものを紹介!

イビサクリーム
口コミサイトやデリケートゾーンケア商品の中でも常に上位を誇るイビサクリーム。美白効果のあるトラネキサム酸が含まれ、デリケートゾーンの黒ずみ専用に作られた商品です。イビサクリームには更に皮膚の炎症を抑える効果のあるグリチルリチン酸2Kも含まれているため、デリケートな部分に使うのには最適です。また、デリケートゾーンだけでなく、色素が沈着しやすい乳首やワキなどにも利用できます。定期コースにすれば割引きもあり、継続して使いやすいところも魅力です。お届けも外から商品内容がわからないよう梱包され、ポストに投函なので周囲に知られたくない人や宅配便の受け取りが難しいという人でも安心です。

ホスピピュア
湘南美容外科クリニックが監修したホスピピュアは、美白成分にトラネキサム酸が含まれており、肌の黒ずみ解消の他に抗炎症作用も期待できます。また、肌サイクルを正常に整える効果のあるセイヨウナシ果汁のエキスや、保湿効果のあるシアバター、スクワランの他にも肌に良い天然の成分がふんだんに使われています。パラペンや香料、着色料などの添加物も含まれていないので敏感肌の人でも使えます。それに、何と言っても湘南美容外科クリニックの監修の下で開発されたという点が心強いですね。

どの商品にも言えますが、黒ずみの解消はすぐに効果が出るものではありません。水着のシーズンや大切な日が来る前に、デリケートゾーンのケアをしっかりと行いましょう。

人に聞きにくいデリケートゾーン、どんなケアがあるの?

101

デリケートゾーンの黒ずみ、気になったのはどんな時?

自分ではなかなか見る機会の少ないデリケートゾーンですが、水着を着る前にムダ毛の処理をした際や、VIOの脱毛をおこなった際などに、ふと見てしまってその黒ずみに驚愕したという人も多いのではないでしょうか?気になる箇所だけれど、人と比べることもできないし、相談もしにくいことなので悩んでしまいますよね。普段見る機会の無い場所だからこそ、意識しないとなかなかお手入れにまで気が回りません。しかし、いざという時に気になっても肌の黒ずみはすぐに改善できるものではありません。水着のシーズンの前に、彼氏とのお泊りの前に慌てないためにも、デリケートゾーンのケアは日頃から意識して、毎日続けていく事が美しい肌への近道です。

デリケートゾーンが黒ずむ原因とは?

デリケートゾーンの黒ずみの原因になる物質はメラニン色素です。元々皮膚が薄くて弱いデリケートゾーンは、ちょっとした刺激を受けるだけで、刺激から肌を守ろうとメラニン色素が作られやすくなっている場所です。下着のきつい締め付けや、陰部を不潔にしていたことによる雑菌の繁殖はデリケートゾーンに色素沈着を招く原因となります。ムダ毛の処理のため誤ったカミソリの使い方をしている場合や毛抜きで毛を抜くのも刺激となります。ムダ毛の処理のため毛を抜くのは雑菌が入り炎症を起こす原因にもなるのでやめましょう。また、カミソリで処理する場合も正しい方法で肌に負担をかけずに処理をする必要があります。外からの刺激に加えて、女性は生理周期によってホルモンのバランスが崩れやすいため、それが黒ずみを作る原因になることもあります。ホルモンバランスが乱れる事によって肌荒れが起こりますが、肌の状態が悪くなることでより外からのダメージを受けやすくなってしまいます。

黒ずみをケアする方法は?

自分でできる黒ずみ予防方法として、まずは下着から見直してみましょう。無理して小さめの下着や食い込みのきつい衣類を着用している人は、締め付けの少ない、ゆったりとした物を身に付けましょう。ビキニラインの黒ずみが気になる人はボクサータイプの下着に交換する方法もあります。また、素材も通気性の良い綿や絹などの素材を選びましょう。特に生理中は肌が敏感になり、ムレやすくなるため注意が必要です。ナプキンの交換はこまめに行いましょう。ホルモンバランスの乱れも色素が着きやすくなる原因なので、溜まったストレスを適度に解消したり、夜更かしや暴飲暴食などの不摂生を正すことも効果的です。着いてしまった黒ずみをできるだけ薄くしたいという人は、市販の美白クリームやクリニックに通う方法があります。デリケートゾーンの皮膚は非常に敏感で弱いため、美白クリームは顔や体用のものではなく、必ずデリケートゾーン専用のものを選ぶようにしましょう。専門の美容クリニックへ通院する場合は、飲み薬や塗り薬の処方によって黒ずみ改善を目指します。

気になるデリケートゾーンの黒ずみ対策、していますか?

100

デリケートゾーンは気付いた時には黒ずんでいるかも!

普段はあまり気にすることのないデリケートゾーンですが、ふとした時に見てしまったら、あまりにも自分のイメージと違っていてびっくりしたという人も多いのではないでしょうか?水着の季節や、彼氏との旅行の前など、イベントの前に気付いてしまって大慌てということも!また、最近ではVIOの脱毛も流行しているため、やってみたけれどもアンダーヘアが無くなったら今度は黒ずみが気になるようになってしまったという人もいます。気付くタイミングは人それぞれですが、一度気付いてしまったら一刻も早くきれいな色の肌にしたいと感じるでしょう。デリケートゾーンの悩みはなかなか人に相談することも恥ずかしい話題ですし、人と比べることもできませんよね。そこで、デリケートゾーンのケアをこれから行いたいと考えている人は、まず黒ずみができる原因や、色を薄くするための対処法を知っておきましょう。いざ実践するにしても、黒ずみのケアはなかなか時間がかかるものです。気付いてしまった今から準備して、水着のシーズンや大切な日の直前になって慌てないように備えておくことが肝心です。

どうしてデリケートゾーンが黒ずむの?

デリケートゾーンが黒くなるのにはいくつか理由があります。肌を黒ずませている原因となるのは「メラニン色素」です。紫外線による日焼けやシミの原因となる物質としてご存知の人も多いでしょう。女性にとってシミや黒ずみを作るメラニン色素は、やっかいな物質に感じるかもしれませんが、メラニン色素は本来紫外線によるダメージから皮膚の奥にある体の細胞を守るという重要な働きを持っているものです。肌が紫外線による刺激を受けると、メラノサイトと呼ばれるメラニン色素を作り出す細胞の動きが活発になり、メラニン色素が生成されて紫外線を浴びた部分が黒っぽくなってしまいます。しかし、日焼けなど滅多なことではしないデリケートゾーンで、どうしてメラニン色素が発生するのかと思いますよね?実は、メラニン色素は紫外線だけでなく、肌にかかる様々な刺激によっても作り出され、そこに沈着していくのです。特に体の他の皮膚よりも薄くて弱い乳首やワキの下、デリケートゾーンなどは刺激から肌を守るために色素が付きやすい場所とも言えるのです。また、ホルモンバランスが崩れることによって肌の状態も変化するため、出産後などは特に色が濃くなりやすいと言われます。

デリケートゾーンの黒ずみ、どうしたら良くなるの?

デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因が、肌への刺激やホルモンバランスの崩れという事がわかったら、まずはそこから改善していく努力をしてみましょう。まず、見直すべきところは下着です。無理をしてサイズの小さい下着を身に付けていませんか?また、体にフィットした、締め付けるような衣服を着ていませんか?サイズの合わない下着や締め付けるような衣服は肌との摩擦が大きくなり、肌が受ける刺激も強くなってしまいます。女性の場合は特にホルモンバランスが周期によって変わるため、生理前や生理中は肌荒れを起こしやすくなります。デリケートゾーンの皮膚も敏感になるため、生理中はナプキンの交換をこまめに行ったり、締め付けの少ないゆるやかな服を着るなどの対策を取りましょう。でも、できるだけ早く黒ずみを取りたいという人は、市販のデリケートゾーン専用のクリームやジェル、洗浄用せっけんなどを使ってみるという方法の他、美容クリニックで塗り薬や飲み薬を処方してもらうという方法もあります。デリケートゾーンの黒ずみは一朝一夕には解消されるものではありません。美しいデリケートゾーンを保つには、日々努力を積み重ねることが大切です。