気になるデリケートゾーンの黒ずみ対策、していますか?

100

デリケートゾーンは気付いた時には黒ずんでいるかも!

普段はあまり気にすることのないデリケートゾーンですが、ふとした時に見てしまったら、あまりにも自分のイメージと違っていてびっくりしたという人も多いのではないでしょうか?水着の季節や、彼氏との旅行の前など、イベントの前に気付いてしまって大慌てということも!また、最近ではVIOの脱毛も流行しているため、やってみたけれどもアンダーヘアが無くなったら今度は黒ずみが気になるようになってしまったという人もいます。気付くタイミングは人それぞれですが、一度気付いてしまったら一刻も早くきれいな色の肌にしたいと感じるでしょう。デリケートゾーンの悩みはなかなか人に相談することも恥ずかしい話題ですし、人と比べることもできませんよね。そこで、デリケートゾーンのケアをこれから行いたいと考えている人は、まず黒ずみができる原因や、色を薄くするための対処法を知っておきましょう。いざ実践するにしても、黒ずみのケアはなかなか時間がかかるものです。気付いてしまった今から準備して、水着のシーズンや大切な日の直前になって慌てないように備えておくことが肝心です。

どうしてデリケートゾーンが黒ずむの?

デリケートゾーンが黒くなるのにはいくつか理由があります。肌を黒ずませている原因となるのは「メラニン色素」です。紫外線による日焼けやシミの原因となる物質としてご存知の人も多いでしょう。女性にとってシミや黒ずみを作るメラニン色素は、やっかいな物質に感じるかもしれませんが、メラニン色素は本来紫外線によるダメージから皮膚の奥にある体の細胞を守るという重要な働きを持っているものです。肌が紫外線による刺激を受けると、メラノサイトと呼ばれるメラニン色素を作り出す細胞の動きが活発になり、メラニン色素が生成されて紫外線を浴びた部分が黒っぽくなってしまいます。しかし、日焼けなど滅多なことではしないデリケートゾーンで、どうしてメラニン色素が発生するのかと思いますよね?実は、メラニン色素は紫外線だけでなく、肌にかかる様々な刺激によっても作り出され、そこに沈着していくのです。特に体の他の皮膚よりも薄くて弱い乳首やワキの下、デリケートゾーンなどは刺激から肌を守るために色素が付きやすい場所とも言えるのです。また、ホルモンバランスが崩れることによって肌の状態も変化するため、出産後などは特に色が濃くなりやすいと言われます。

デリケートゾーンの黒ずみ、どうしたら良くなるの?

デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因が、肌への刺激やホルモンバランスの崩れという事がわかったら、まずはそこから改善していく努力をしてみましょう。まず、見直すべきところは下着です。無理をしてサイズの小さい下着を身に付けていませんか?また、体にフィットした、締め付けるような衣服を着ていませんか?サイズの合わない下着や締め付けるような衣服は肌との摩擦が大きくなり、肌が受ける刺激も強くなってしまいます。女性の場合は特にホルモンバランスが周期によって変わるため、生理前や生理中は肌荒れを起こしやすくなります。デリケートゾーンの皮膚も敏感になるため、生理中はナプキンの交換をこまめに行ったり、締め付けの少ないゆるやかな服を着るなどの対策を取りましょう。でも、できるだけ早く黒ずみを取りたいという人は、市販のデリケートゾーン専用のクリームやジェル、洗浄用せっけんなどを使ってみるという方法の他、美容クリニックで塗り薬や飲み薬を処方してもらうという方法もあります。デリケートゾーンの黒ずみは一朝一夕には解消されるものではありません。美しいデリケートゾーンを保つには、日々努力を積み重ねることが大切です。