人に聞きにくいデリケートゾーン、どんなケアがあるの?

101

デリケートゾーンの黒ずみ、気になったのはどんな時?

自分ではなかなか見る機会の少ないデリケートゾーンですが、水着を着る前にムダ毛の処理をした際や、VIOの脱毛をおこなった際などに、ふと見てしまってその黒ずみに驚愕したという人も多いのではないでしょうか?気になる箇所だけれど、人と比べることもできないし、相談もしにくいことなので悩んでしまいますよね。普段見る機会の無い場所だからこそ、意識しないとなかなかお手入れにまで気が回りません。しかし、いざという時に気になっても肌の黒ずみはすぐに改善できるものではありません。水着のシーズンの前に、彼氏とのお泊りの前に慌てないためにも、デリケートゾーンのケアは日頃から意識して、毎日続けていく事が美しい肌への近道です。

デリケートゾーンが黒ずむ原因とは?

デリケートゾーンの黒ずみの原因になる物質はメラニン色素です。元々皮膚が薄くて弱いデリケートゾーンは、ちょっとした刺激を受けるだけで、刺激から肌を守ろうとメラニン色素が作られやすくなっている場所です。下着のきつい締め付けや、陰部を不潔にしていたことによる雑菌の繁殖はデリケートゾーンに色素沈着を招く原因となります。ムダ毛の処理のため誤ったカミソリの使い方をしている場合や毛抜きで毛を抜くのも刺激となります。ムダ毛の処理のため毛を抜くのは雑菌が入り炎症を起こす原因にもなるのでやめましょう。また、カミソリで処理する場合も正しい方法で肌に負担をかけずに処理をする必要があります。外からの刺激に加えて、女性は生理周期によってホルモンのバランスが崩れやすいため、それが黒ずみを作る原因になることもあります。ホルモンバランスが乱れる事によって肌荒れが起こりますが、肌の状態が悪くなることでより外からのダメージを受けやすくなってしまいます。

黒ずみをケアする方法は?

自分でできる黒ずみ予防方法として、まずは下着から見直してみましょう。無理して小さめの下着や食い込みのきつい衣類を着用している人は、締め付けの少ない、ゆったりとした物を身に付けましょう。ビキニラインの黒ずみが気になる人はボクサータイプの下着に交換する方法もあります。また、素材も通気性の良い綿や絹などの素材を選びましょう。特に生理中は肌が敏感になり、ムレやすくなるため注意が必要です。ナプキンの交換はこまめに行いましょう。ホルモンバランスの乱れも色素が着きやすくなる原因なので、溜まったストレスを適度に解消したり、夜更かしや暴飲暴食などの不摂生を正すことも効果的です。着いてしまった黒ずみをできるだけ薄くしたいという人は、市販の美白クリームやクリニックに通う方法があります。デリケートゾーンの皮膚は非常に敏感で弱いため、美白クリームは顔や体用のものではなく、必ずデリケートゾーン専用のものを選ぶようにしましょう。専門の美容クリニックへ通院する場合は、飲み薬や塗り薬の処方によって黒ずみ改善を目指します。